FC2ブログ

Entries

【WIXOSS デッキ】 紅蓮タマ 全霊ノーゲイン

■はじめに

4弾環境も中盤に差し掛かってきて、
現在、多くの結果を残しているデッキパターンとして挙げられるのが、

・紅蓮タマ
・イオナ
・3止め緑子
・ピルルクΩ

これらに加え次点として、花代爾改といったところでしょうか、

中でも、イオナや紅蓮タマは同じルリグタイプの中にも様々な型だったりアーツの取り方があり、
一見しただけでは、どういうことをされるのかが分かり難く、読みにくいです。
逆をいえば、構築の自由度が高いということで、とてもいいことだと思います。

と、まぁ上記のように、現状では様々なデッキが環境に存在しており、
それら全てにおいて高い勝率を収めることが求められています。

そんな中で、「ノーゲイン」というLBで踏んだ際に、アーツを使用できなくするという、
ゲーム性の否定にも近しいテキストが書いてあります。

しかし、序盤で踏まれてもほとんど効果が無いように、どのタイミングで踏んでもらってもいいというものではなく、
手札に来てしまうと、スペルであることも合わせてほぼほぼ腐ってしまうカードでもあります。

都合良く、状況が揃っている状態でLBしてくれるというのはよほど運がよくないと起こりませんが、
今回、紹介する紅蓮タマは、ポーニャマガタマのトップ操作→全身全霊からのノーゲインをベストなタイミングで仕込み、
エクシードによって条件を満たすことができるアヤボンとほとんどのLBを無効にできるアークゲイン、
これらを合わせた3、4点からのロングショットをコンセプトとしたデッキです。

これだけで、今回の記事の全てな気もしますが、
デッキレシピと解説もしていきたいと思いますので、お時間ありましたら読んでいってください。

---------------------------------------------------------------------------------
■デッキレシピ

・ルリグデッキ

0~2 バニラタマ
十六夜の巫女タマ
紅蓮の巫女タマ

再三再四x1
全身全霊x1
パロックディフェンスx1
ホワイトホープx1
モダン・バウンダリーx1


・シグニデッキ

Cost1

サーバントOx4 ★
ミカガミx4 ★

サーバントO2x1
ポーニャx4


Cost2

サーバントDx4 ★

マガタマx1
ラビエルx1
アヤボンx2

Cost3

ヴァルキリーx4

Cost4

エナジェx1 ★
アークゲインx3 ★

ベイア
アテナx3

Spell

ノーゲインx3 ★

ゲット・インデックスx3

--------------------------------------------------------------------------

■解説

基本的な動きは以前の白ミラーの記事を読んでください。
相手のシグニを殴らないことはバウンスで盤面を開けることが可能なタマデッキでは鉄板だと思ってます。

相手を詰める際にはノーゲインにおいてアーツを封じるので、無駄に相手にエナを与えて、
序盤の攻めを守られても困る、という意味でもヴァルキリーだろうが、キティラ、金字塔だろうが殴りません。
相手の防御アーツ全部、未使用のまま終わらせることもできます。

デッキとしては全霊ノーゲインショットを目的に動きますが、運悪くノーゲインを引ききってしまい仕込めないということもありますし、普通に紅蓮タマのスペックを活かして戦えばある程度のデッキには勝てるので、
無理にショットに固執する必要もない為、そこは臨機応変に動いてください。


エナを与えない動きをしていれば、普通に相手がエナ不足になってアーツが使えない状況もあるので、
そこにアヤボンゲイン天使の盤面作ってやれば普通に終わることもあります。


それでは、各カードの解説をしていきたいと思います。

◎アーツ(正直なところ全身全霊と再三再四以外は好みでいいと思います)

・全身全霊

ポーニャ、マガタマのおかげで、ある程度狙ったものを盾に仕込める、今デッキのコンセプトカード
それ以外にもピルルクのロックユーショットの打点を狂わしたり、
割烈を打たれる前の先撃ち防御アーツとしても使えます。

・再三再四

ショットをかけるときに足りないパーツを紅蓮のエクシードと合わせて集めます。
普通に強力な回収アーツです。

・モダンバウンダリー

赤や緑等序盤から殴ってくる相手には序盤から使って紅蓮でリサイクルすることで
試合を有利に運ぶことができます。

・パロック
・ホワイトホープ

ここは正直、好みのアーツでも問題ない気がする。
ノーゲイン後は相手のエナが増えようが関係ないので、8kオールまで飛ばせて、
相手の盾が少ない時はデッキ削って、5点ロングショットまで可能にするアンサプは強い気がする。


◎メイン

・ラビエル

最初は入ってなかったんですが、ノーゲインを踏ませたあと、紅蓮グロウ時の回収も含めて、
意外とアーツが残っていることが多いのでアヤボンの条件満たしながらバウンスができてとても重宝します。

・アヤボン

紅蓮タマを使う意義。
これを入れないんだったら、太陽の方が強い気がします。

・ベイア

中盤に相手の盾をわりに行く際、紅蓮スキルでのバウンスが使いにくいため、
アテナを使うのですが、同時に全霊を打つためのエナもとっておきたいので、
その両方を実現してくれるカードとして入っています。

エクシードでサーチが可能なのがかなり便利です。

・アテナ

紅蓮のバウンスはコストがかなり重たいので、基本は使わず、こっちをメインバウンスとして使います。


・ノーゲイン

今デッキのコンセプト、整った状況で踏ませると、ほぼ勝ちです。

引くとほぼほぼ腐るため採用は3枚に抑えていますが、
タマというデッキの性質上、ヴァルキリー等でスペル以外がターンの経過につれデッキから減っていくので
素引きさえしなければ次第にポーニャ等で見れる確率が上がっていくので、結構な確率で仕込むまで行けます。

■最後に

使って頂ければ、実感できると思いますが、結構ピーキーなデッキで
流れるように全霊ノーゲインからのショットが決めれる時もあれば、
何回ポーニャで山札見てもノーゲインが見えなかったり、早々に3枚引ききってしまったりと
思うようにいかない時が結構ありますが、そんな時でも紅蓮のスペックの高さを活かして戦えば普通に勝てますので、
そこの使い分けがなれないと難しいかもしれません。

初見殺し感がかなり強く、2回目以降は確実に警戒されますので、
その点どうするかは考えてプレイする必要はありますが、

現状、チャージング期に入って無敗をキープできているので、そこそこの強さは保証できますし、
何よりロングショットが決まった時は結構心が踊るので是非使ってみてください。



ご意見、質問などありましたらTwitterまでお願いします。 → @simizuki1128
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する